ドライバー保険に入っておけば、安心して運転を満喫することができます。

運転免許証がある人は誰でも加入出来る「ドライバー保険」

MENU

ドライバー保険とは

 

ドライバー保険の概要

 

日本国内では自動車を保有する人が数多く存在しており、年々その数は増加傾向にあります。

 

また、それに伴う形で自動車保険に加入する人も増えてきており、今後もますます自動車保険に対する需要は高まる事が予想されます。

 

一口に自動車保険と言ってもその種類やタイプは多く、対人補償保険や搭乗者傷害保険、対物賠償保険や「ドライバー保険」など実にさまざまです。

 

中でも最近は「ドライバー保険」に対する需要とニーズが高まってきており、ドライバー保険への加入者数は年々増加しています。

 

ドライバー保険とは、自動車を保有していない「記名被保険者」が他人の自動車を借りて運転している最中に引き起こした事故についての補償を行う自動車保険のことです。

 

このドライバー保険は運転免許証を保有する人であれば誰でも加入する事が出来るという点が最大の特徴となっています。

 

ドライバー保険に加入していれば、たとえば友人や知人から拝借した車で事故を起こしても対人賠償や対物賠償に掛かる費用を保険金で賄うことが出来ます。

 

また、レンタカーを利用する際にも、このドライバー保険を契約する事によって安心してドライブを楽しむことが出来るようになります。

 

 

 

ドライバー保険による補償内容

 

ドライバー保険は正式名称を「自動車運転者損害賠償責任保険」と言いますが、このドライバー保険によって補償される内容は基本的に「3つ」に分ける事が出来ます。

 

ひとつ目は運転する車で人を撥ねてしまったり、接触事故を起こして怪我を負わせてしまった場合に補償を受ける事が出来る「対人賠償保険」です。

 

そしてふたつ目は運転する車を電柱やガードレールなどにぶつけてしまった場合に補償を受けることが出来る「対物賠償保険」、みっつ目は運転する車に搭乗している人が事故によって怪我を負ってしまった場合に補償を受ける事が出来る「搭乗者傷害保険」です。

 

ちなみにドライバー保険には年齢条件が設けられており、基本的には21歳以上と21歳未満の2パターンで異なる内容の保険が用意されている場合がほとんどです。