人身傷害補償保険は人身事故を起こした運転者本人の怪我の治療費も負担してくれます。

過失のある運転者の怪我の治療費もカバーしてくれる「人身傷害補償保険」

MENU

人身傷害補償保険とは

 

人身傷害補償保険の概要と特徴

 

自動車を保有し日常的に車両を運転する人であれば必ず入っている「自動車保険」ですが、この自動車保険には大きく分けて二つの種類があります。

 

ひとつは「強制保険」と呼ばれる、自動車が事故を起こした際に最低限の補償を受けられる保険で、法律によって自動車を保有する人は全員この強制保険に加入する事が義務付けられています。

 

もうひとつは「任意保険」と呼ばれる自動車保険で、各保険会社によってさまざまな保険商品が取り揃えられており、万が一の事故で賠償責任が発生したり治療費が必要になった場合に手厚い補償を受ける事が出来ます。

 

中でも「人身傷害補償保険」と呼ばれる任意保険は人間版の車両保険という異名を持っており、たとえば運転中に人身事故を起こした運転者本人が怪我をしたというような場合には人身傷害補償保険で治療費を賄うことが出来ます。

 

通常、事故を起こした運転者が怪我をした場合は自分でその治療費を賄うしかありませんが、人身傷害補償保険に加入しておく事で過失のある運転者が怪我をした場合でも保険金で治療費をカバーする事が出来るというわけです。

 

 

 

人身傷害補償保険に加入するメリット

 

人身傷害補償保険はたとえ運転者本人に事故の過失があったとしても、過失の割合とは関係無しに怪我を負った運転者の治療費を支払ってくれる保険として広く知られています。

 

人身傷害補償保険に加入しておく事で事故を起こした相手が無保険であったり、相手側との過失割合に関するトラブルに発展しかねない事案でも治療費の支払いで揉める事が無くなるというメリットがあります。

 

また、人身傷害補償保険の場合は車両に対する保険とは違って「歩行中に車両事故に巻き込まれて怪我を負った場合」でも補償を受ける事が出来るという利点があります。

 

たとえば、人身傷害補償保険加入者が歩いていて自動車事故に巻き込まれ、怪我を負った場合には保険会社から治療費が支払われますし、自転車はエレベーターといった「交通乗用具」と呼ばれる乗り物に搭乗中の事故で怪我をした場合でも保険金を受け取る事が出来ます。