自損事故保険は、ドライバーが必ず加入しておきたい保険です。

ドライバーの身を守るための保険「自損事故保険」

MENU

自損事故保険とは

 

自損事故保険の概要と必要性

自動車を保有し車両を運転する人は必ず「強制保険」と呼ばれる自動車保険に加入する事が法律で義務付けられていますが、この強制保険だけだと万が一「対人・対物賠償責任」が発生した際に全ての賠償金をカバーできない恐れがあります。

 

そんな時のために備えて多くのドライバーが加入しているのが「任意保険」であり、この任意保険にはさまざまなタイプの保険が存在しています。

 

中でも「自損事故保険」は自動車を運転する人にとって必須の保険と言うべき存在であり、対物賠償責任が発生した際の心強い味方となってくれる保険です。

 

一口に交通事故と言っても必ず相手が居るというわけではなく、時にはハンドル操作を誤って電柱やガードレールに突っ込んでしまうような「自損事故」を起こしてしまう事も考えられます。

 

しかし、こうした自損事故の場合は他人である同乗者が怪我を負った際には自賠責保険が支払われますが、運転者本人の死傷に対する保険金は支払われないのが現状となっています。

 

そんなときに最低限の補償をしてくれるのが「自損事故保険」であり、自損事故保険にはドライバー自身を守るための保険という意味合いもあります。

 

 

 

自損事故保険による補償範囲

 

自動車を保有する人や車両を運転する人が自損事故保険に入っていれば万が一、ガードレールや電柱といった対象物に衝突する等の「自損事故」を引き起こして怪我を負ってしまった場合でも補償を受けられるので非常に安心です。

 

自損事故保険への加入によって受けられる補償の範囲は保険会社によってそれぞれ異なりますが、基本的には自損事故が原因で入院する必要が出てきた場合には「入院1日に付き5000円~6000円」ほどが相場となっています。

 

また、自損事故によって通院する必要がある怪我を負った場合、「通院1日に付き3000円~4000円」程度の保険金が通院した日数分、支払われるケースがほとんどです。