国内系保険会社はサービスや保障内容の多様化と共に保険料の「低価格化」も進んできています。

国内系自動車保険会社のメリットとデメリット

MENU

国内系保険会社のメリット・デメリット

考える女性のバナー

 

国民の大半がマイカーを所有しているほど自動車が普及している日本は、世界的に見ても自動車大国と言っても過言ではありません。特に地方などでは街同士が遠かったり、目的地までの距離が長いということもあって自動車は必要不可欠な存在です。

 

日本国民にとって生活必需品と化した自動車ですが、日本に存在する全ての車両保有者には自動車損害賠償保障法によって対人保障のみに特化した「自賠責保険」への加入が義務付けられています。

 

また、その他には運転者が任意で加入できる任意保険もあり、民間企業が運営する「国内系保険会社」も多数存在しています。

 

自動車保険を選ぶにあたって、まず最初に気をつけなければならないのが「国内保険会社」と「外資系保険会社」のどちらを選ぶのかということです。

 

日本では多くの人が国内系保険会社を選ぶ傾向がありますが、国内系保険会社にもメリット・デメリットが存在するので、その両方を把握しておく事が大切です。

 

 

メリット

一般的に国内系保険会社は外資系保険会社に比べると、サービス内容や保障内容の充実に力を入れている傾向が見受けられます。

 

そのため、国内系保険会社の最大のメリットは「充実した保障内容とサービス内容の幅広さ」だと言えます
国内系保険会社は万が一の事態に備えるだけでなく、多様化した保障内容によってあらゆる事態に対応できるのが強みだと言えます。

 

 

 

デメリット

お金のバナー

国内系保険会社は、サービスや保障内容を充実・多様化させることによって通常よりも「コスト」が掛かってしまう傾向が見受けられます。

 

つまり、国内系保険会社を選ぶ最大のデメリットは外資系保険会社よりも「経済的な負担が増えてしまうという部分にあります。

 

しかし最近ではサービスや保障内容の多様化と共に保険料の「低価格化」も進んできており、保険会社によっては外資系保険会社よりも低コストで自動車保険に加入できるプランを用意している会社も出てきています。