自動車保険とは自動車によって起こった損害を補償して貰うための損害保険のことです。

自動車保険の種類とセット保険の概要について

MENU

セット保険とは

 

セット保険について考える人

 

 

自動車保険の基本

 

日本は世界でも有数の自動車大国であり、国民一人当たりの自動車保有率も非常に高い事で知られています。

 

そしてそれに伴う形で「自動車保険」への加入率も高くなってきており、自動車を運転するドライバーの危機管理に対する意識の高さが伺えます。

 

自動車保険とはその名のとおり自動車の利用に伴って起こり得る「損害」を補償して貰うための損害保険のことを指します。

 

ちなみに自動車保険には大きく分けて「強制保険」と「任意保険」の2タイプがあり、強制保険については自動車を運転する人全員に加入が義務付けられています

 

一方で任意保険はその名のとおり任意で加入する保険の事を指すため、基本的に加入を決めるのは自動車を運転するドライバー本人という事になります。

 

強制保険の場合はカバーできる損害の範囲が限定されており、一般的には強制保険でカバーできない部分を補う為に任意保険に加入するというのがセオリーとなっています。

 

たとえば自動車を運転している最中に歩行者を撥ねて死傷させてしまった場合、強制保険だけでは補えない額の損害賠償が請求される事になります。

 

しかし、任意保険に加入していれば強制保険で補えない部分を補償してくれるため、ドライバー本人が支払う損害賠償額を最小限に抑える事が出来るというわけです。

 

 

保障の種類とセット保険について

 

一般的に自動車保険で補償される保険金は、

  • 損害を与えた相手に対する賠償として支払われるお金
  • ドライバー本人が受けた損害を補償するお金

2つに分類されます。

 

自動車保険では主に事故を起こして人を死傷させた場合に補償される「対人補償」が重視されていますが、中には対人賠償保険以外にも「無保険車傷害保険」や「自損事故保険」、「搭乗者傷害保険」や「対物賠償保険」、「車両保険」といった保険がセットになっている「セット保険」を販売している保険会社も数多く存在しています。

 

また、そのほかにも対人・対物示談交渉サービスをセットにして販売している自動車保険もあります。