車両保険に入っている人はそれほど多くはないのが現状です。

車両保険の必要性

MENU

車両保険とは?

赤い車のバナー

日本国内において自動車を運転する全ての人には自動車損害賠償保障法によって「自賠責保険」に加入することが義務付けられています。

 

この自賠責保険は主に対人保障に特化した保険で、自動車によって人を死傷させてしまった場合に、相手方に運転者が支払う賠償金の何%かを補償するというものです。

 

自賠責保険のほかには運転者自身が任意で加入できる「任意保険」という自動車保険があります。
これは運転者が人身事故を起こした場合の自賠責保険による対人保障に加えて、更なる賠償金への補償を行ってくれる保険になります。
任意保険は対人保障だけでなく自動車による「物損」に対しても補償を行ってくれる保険です。

 

また、自賠責保険や任意保険のほかに「車両保険」があります

 

 

他の保険に比べると割高な「車両保険」

自動車保険の最大の目的は他人の生命や物に対する損害を賠償することなので、車両に対する損害を補償する目的で用意されている「車両保険」は、他の保険に比べると割高になってしまう傾向があります。そのため、車両保険に加入している人はそれほど多くは無いのが現状です。

 

ただし、自分にとって愛車が何よりも大切だと感じていたり、お金を払ってでも自身の車を守りたいと考える人達にとっての車両保険は非常に重要な意味合いを持つ保険です。

 

例えば1000万以上もする高級車を購入した人にとっては、車両が破損したり損害を受けた場合には多額の修理費用が掛かってしまうので、毎月の保険料を支払って車両保険に加入しておいた方が安心ですし、効率の良いリスクマネジメントにもなります。

 

 

 

等級によって保障額が違う

「車両保険」には等級があり、等級によって補償金額も変わってくるので注意が必要です。

 

例えば、車両保険を一度でも使ってしまうと、金額に関わらず3等級もダウンしてしまいます。
その結果、翌年からの保険料が上がってしまうことになるのです。

 

そして元の等級に戻るには約3年ほど掛かってしまうので、愛車は大切に乗るように心掛けることが大切です。