自賠責保険の補償は、対人保障のみに限られています。

対人保障の重要性

MENU

対人保障とは?

 

トラックのバナー

現代において自動車はなくてはならない存在となっています。

 

自動車によって人や物資を運搬することで物流や経済が成り立っており、個人の生活にも欠かせないものとなっているので、言うなれば自動車は現代社会における「必需品」のひとつと言っても過言ではありません。

 

現代社会では欠かせないものとなった自動車ですが、それを操る人によっては重大な事故や物損に繋がりかねないので注意が必要です。

 

現在、自動車損害賠償保障法によって全ての運転者には「自賠責保険」の加入が義務付けられています

 

 

【自賠責保険】「対人保障」に特化している

自賠責保険とは要するに「対人保障」にのみ特化した保険であり、例えば運転者が交通事故を起こして相手方に怪我を負わせてしまったり、相手方が亡くなってしまった場合に補償を行ってくれる保険のことです。

 

運転者が相手方を死傷させてしまった場合、被害者側に支払う「賠償金」は膨大なものになる事が予想されます。
金額によっては運転者だけでは支払いが出来ず、日常生活が困難になってしまう場合も考えられます。

 

そのような事態を防ぐために全ての運転者に加入を強制し、最悪の場合に備えておくことを目的としているのが、対人保障に特化した「自賠責保険」なのです。

 

しかし、自賠責保険だけでは対人保障としては不十分なのも事実であり、全ての運転者は可能であれば自賠責保険だけでなく、任意で加入できる「任意保険」にも加入しておくことが大切です。

【任意保険】「対人保障」+様々な特約やオプション

任意保険は対人保障だけでなく、様々な特約やオプションなども用意されているので、例えば自分だけで事故を起こして運転者が怪我を負ったり車が破損した場合でも、治療費や車の修理に掛かる費用が補償されます。

 

また、任意保険に加入しておく最大のメリットはやはり「対人保障です。

 

自賠責保険では相手方を死傷させてしまった場合に補償される金額は非常に限定的で、自己負担による賠償の割合が大きくなってしまうケースがほとんどです。

 

任意保険に加入しておけば自賠責保険による補償に加えて、任意保険による補償も受けられるので自己負担が少なくて済むのです。