人身傷害保障保険・搭乗者傷害保険の両方に加入すれば二重に保険金を請求できます。

軽い怪我でも保険金の請求をすることができる!?「搭乗者傷害保険」

MENU

搭乗者傷害保険とは

 

搭乗者傷害保険の概要や特徴

 

自動車を保有していて日常的に車を運転している人であれば「自動車保険」に加入するのは当たり前の事として認識していますが、「搭乗者傷害保険」に関する正しい知識を持っている人は残念ながら少数派と言えます。

 

何故なら自動車を保有する人のほとんどは人身傷害保障保険を付帯した任意保険に加入している為、補償内容が重複する恐れのある搭乗者傷害保険には加入する意味が無いからです。

 

人身傷害補償保険に加入している人の場合、その人の運転する車両が事故を起こして運転者を含む搭乗者が怪我を負った際には人身傷害補償保険によって治療費をカバーする事が出来ます。

 

そのため、多くの保険会社では補償内容が重複する恐れのある搭乗者傷害保険は最初から付帯していない場合が多いというわけです。

 

こうして見てみると人身傷害補償保険があれば搭乗者傷害保険は必要ないようにも思えますが、両方の保険に加入していれば「二重に保険金を受け取ることが出来る」というメリットがあります。

 

また、搭乗者傷害保険はドアで指を挟んだ程度の怪我でも保険金を請求できるだけでなく、保険金の支払いを受けても翌年の等級に影響が無いという点も大きな利点と言えます。

 

 

 

搭乗者傷害保険の補償区分

 

運転する車両のドアで指を挟んだ程度の怪我でも保険金の請求が行える事で知られる搭乗者傷害保険ですが、保険金による補償区分については細かく取り決められています。

 

たとえば運転する車両が事故を起こして運転者を含む搭乗者の内の誰かが頭部の怪我を負った場合、「打撲や捻挫」のような怪我であれば平均で5万円ほどが支払われます。

 

事故によって負った頭部の怪我が「挫創」のような中度の怪我であれば15万円前後、「骨折や脱臼」といった大怪我に分類される内容の怪我を負った場合は50万円~60万円前後の保険金が支払われる事になります。

 

もちろん保険金の金額については保険会社によって多少の違いはありますが、概ね上記の金額が保険会社から支払われる保険金の相場と考えておくのが無難です。