インターネット上で保険料の見積もりや契約の手続きを進めることができます。

通販型自動車保険のメリット・デメリット

MENU

通販型自動車保険とは?

 

最近、自動車保険に加入する人の間で「通販型自動車保険」というものが話題となっています。
通販型自動車保険はこれまでの自動車保険と違い、保険代理店などを介さずに直接保険会社と契約を交わす販売形式となっています。

 

 

メリット

パソコンをするバナー

通販型自動車保険は、保険代理店を通じて販売されないので、従来の自動車保険に比べて保険料が安く済むというメリットがあります。

 

また、インターネットの普及と共に店舗へ出向かなくてもインターネット上で保険料の見積もりや契約の手続きを進めることが出来るので、非常に効率よく保険会社との取引を行うことが出来るのも通販型自動車保険の強みだと言えます。

 

従来の自動車保険の場合、保険会社との契約を締結するには先ず最初に保険代理店に申し込んだり見積もりの依頼を出す必要がありました。そのため、中間マージンなどが発生して保険料が高くなるだけでなく、契約を締結するまでの時間が掛かってしまうというデメリットが発生していました。

 

通販型自動車保険はこれらのデメリットを全てカバーして、加入者にとって気軽に申し込み易い環境を整えた保険だと言えます。
また、価格の安さに比べて事故後のサポートも充実している点も通販型自動車保険に加入するメリットだと言えそうです。

 

 

 

デメリット

加入者にとっては嬉しいことばかりに見える通販型自動車保険にもデメリットはあります。

 

それは、通販型自動車保険は加入者と保険会社との間に代理店を挟まずに契約をするので、契約までの手続きを全て加入者自身が行う必要があります。

 

代理店を介している従来の自動車保険であれば、契約の際に専門的な知識を持った代理店スタッフがサポートしてくれますが、通販型自動車保険の場合は人任せには出来ないので契約までの手続きについては全て自己責任となるわけです。

 

しかし、自己責任で契約を進めていくということは逆を言えば「補償内容や契約内容をしっかりと自分で見極めることができ、保険に対する知識も身に付く」ということです。